殺虫剤に関する情報が満載!

効果的な殺虫剤

殺虫剤の処分どのようにしていますか?

殺虫剤を買ったはいいけど、全然虫が出てこなくなったりして結局満タンのまま使用期限が過ぎてしまった場合などはよくありますよね。
全部使いきるのは大変で、かといってもう使用はできないし必要ないから処分したい場合、どのようにしていますか?結構簡単にできるので試してみてください。
まずはゴミ処理場にもっていくことで、場所によってはそのまま引き取ってくれたりします。
彼らからしたらたかだか1缶や2缶なんて全然危険でもないので問題なく引き取ってくれますが、場所によっては断られます。
そんなときは自分で殺虫剤を処分しなくてはいけませんが、そこまで手間ではないので自力で問題なくできます。
用意するものは布やティッシュ、ビニール袋と鋭利な物です。
屋外に行き、ビニール袋の中に殺虫剤と布かティッシュを入れます。
密封にしたらビニール袋もろとも缶に穴を開けます。
すると中の薬は布に染み込み、ガスはビニール袋の穴から噴出され、問題なく処分できます。

殺虫剤を処分する際に気をつけるべきポイント

中身がまだ残っているけれど、それ自体古いという殺虫剤の処分に困った人も多いはずです。
そのような場合には、まず中身を出す必要があります。
火気のない屋外にてその作業を行いますが、風上から風下に向けて薬液がなくなるまで噴射し続けます。
噴射音がしなくなるまでガスを抜き、缶とスプレー部に分けて、各自治体の収集方法に従い捨てます。
ちなみに缶はスチール、スプレー部はプラスチックです。
万が一、ガスを抜けるような広い屋外がないという場合には、ごみ袋を使用します。
ごみ袋の中に古新聞や布など、薬液を染みこませるようなものを入れ、それに向けて噴射します。
その袋はそのまま燃えるごみとして処分できるので便利です。
しかし、その際注意すべきことは、すぐに袋を閉じないということです。
袋の中のガスを抜かないことによるガスの充満や、中に入れた新聞などが薬剤で濡れていたりすることによって、火の中に入れたときに爆発が起こったり、燃焼するといった危険を含んでいるからです。

2017/1/23 更新


ページTOPへ▲