殺虫剤に関する情報が満載!

効果的な殺虫剤

殺虫剤の安全な成分と危険な成分

家に入ってきた虫を捕まえて外に出すことが出来たら苦労はしません。
窓やドアのそばにいる昆虫ならドアや窓を空けて出してあげることもしますが、それ以外の場合は殺虫剤で処分します。
その場合に気になるのがその安全性です。
家庭用に販売されているハエ、蚊、ゴキブリなどの駆除を対象として販売しているものには薬事法で医薬品、防除用医薬部外品の認定を受けています。
その中で多く使用されているのが殺虫菊と言われる花に含まれているピレスロイドです。
神経系に影響を及ぼしますが哺乳類は神経に達成するまでに解毒分解されます。
その他にBT剤と呼ばれる成分は枯葉剤の一種でアルカリ性の消化液をもつ昆虫に作用しますが、酸性の消化液を持つ哺乳類には影響しませんし、もう一つのIGRという成長制御剤も昆虫の脱皮の際に合成するチキンに反応するので、それのない哺乳類には影響しません。
しかし、農薬の有機リン剤はピレスロイドと同じく神経に影響を及ぼしますが、ピレスロイドよりも解毒や代謝がされにくいので大量に摂取したり体が弱っているときに摂取するのには少し気を付けたほうが良いかもしれません。

人体に対する殺虫剤の成分による影響

家庭用での害虫駆除目的で使用される殺虫剤は業務用と違い、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入れることができます。
家庭用の殺虫剤で使用されている成分は様々ですが、特に使用されることが多い成分として、ピレスロイド系があります。
ピレスロイド系とは、蚊取り線香で使用されているシロバナムシヨナギクという花に含まれる成分と類似した効果の化合物を指します。
ピレスロイド系の特長としては殺虫効果に速効性があり、人体に対する毒性が弱く比較的安全で、分解が速く環境に害を与えないため安心して使用できるといった特徴が挙げられます。
ピレスロイド系の人体に対する安全性についてですが、虫に対しては神経系に作用することによって殺虫効果を示しますが、人体に対しては体内で速やかに分解され、尿等によって体内から排出されます。
また、害虫と人間との体格や体重差の違いにも影響が大きく、人は害虫とは比較にならない程の差がありますので、害虫に効果がある量では人体に対しては影響がありません。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/3/17


ページTOPへ▲