殺虫剤に関する情報が満載!

効果的な殺虫剤

殺虫剤の威力について

殺虫剤とは人間や農作物にとって有害な害虫を殺す薬剤で、人にも害があると思われがちですが最近では改善され人体に害は全くなく、害虫を殺す威力は強くなっています。
害虫といえば、ゴキブリ、クモ、ムカデ、ハエ、ハチなどです。
どの殺虫剤もいろいろな害虫専用のものがありますがほとんど1本でいろいろな害虫を殺すことができるほど威力は高く、ゴキブリやクモ、ムカデでも薬剤を3mから5m離れたところからかければ一瞬で死んでしまいます。
ハエやハチなど集団だったり危険な飛ぶ害虫であっても、薬剤が命中すればハチやハエは飛ぶ間もなく落下し例え少しのハチが飛んでいたとしても、薬剤をかけていれば本人に向かっては飛んできません。
しかし、噴射時間が短時間であれば効果が現れない場合もあるので注意しましょう。
殺虫剤はスーパーや薬局、ホームセンターなどに売っています。
どのタイプのものであっても300円~1000円ほどととても安いです。

殺虫剤の威力と人体への影響

殺虫剤は大抵の家庭に置いてありますが、どのくらいの威力があるのでしょうか。
まず、殺虫剤の種類としてはハエやゴキブリなどの害虫駆除用があり、その殺虫剤はスプレー式のものが主流です。
また、そのスプレーに含まれている化学薬品は人体に重大な影響を及ぼさない程度の威力があるとされています。
本当に人体に影響がないのかと言いますと、それについては殺虫効果で異なります。
殺虫効果の低い物ですと人体に対する影響が低い傾向にあり、逆に効果が高い物ですと人体に対しての影響も高くなります。
では、実際にどのような被害が出ているかと言いますと、事故の例として中毒症状や皮膚障害などが多く挙げれらます。
その他にも、目の障害の被害も出ています。
このような事故が起きないようにするための方法として、一般的な方法としてはスプレーを他人や自分に向けて使用しないということやスプレーなどを数時間使用した後に、換気をしてから部屋に戻るようにするなどの対策が必要です。


ページTOPへ▲